平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
達人ブランドは、2021年1月より村上製麸㈱に事業移管いたしました。村上製麸㈱が製造・運営、㈱モーリスにて販売を代行しております。

​( → 達人について )

発行済みカタログ、ハンドブック
セット用.png

 ヘラブナ釣りは難しいもの

​だからこそ

いかに簡単に紐解けるか

そのお手伝いをするのが

達人の使命です

THE ORIGIN

EASY ADJUSTMENT

結果だけを安直に得ようとするのではなく、難しさの中から簡単に釣れる方法を自ら導き出すプロセスが、ヘラブナ釣り本来の面白さだと、達人は認識しています。ヘラブナ釣りは、難しいからこそ面白いのです。

 

各メーカーの素晴らしい研究の末、誰もがゴールに近づくことが容易い時代にはなりました。

 

ですがその結果、釣りをゼロから組み立てられ、深掘りできるアングラーは減っているように感じます。

 

そろそろヘラブナ釣りの本当の面白さを味わいたい方向け、きちんと学び直したい方向け、深掘りしたい上級者向けのエサが、登場しても良い頃合いではないでしょうか。


 

達人が考えるあるべきヘラエサ特「三次元分布」

フィールドのあらゆる条件に備えるため、使い手のあらゆる希望を叶えるためには、理論的には図の12品目が必要となる。もっと言えば集魚材の有無でも分けるべきであり、そうなると24品目となるが、ここでは割愛した。

軽いエサと重いエサの中間は、使い手がブレンドして作り出すことが出来る。バラケるエサとネバるエサの中間も然り。問題は粒子の大きさである。粗いものと細かいものを混ぜても、中間サイズの粒子にはならないからだ。

 

そう考えると、厳密には中間の重さもあった方が良い。エサ全体としては重さをコントロール出来ても、バラケて自由落下が始まった後は、個々の粒子の性質に依存することになるからだ。セット釣りのように、バラケの拡散範囲を立体的に読み解き支配していく際には、もう一階層(プラス6品)欲しいのが正直なところ。

 
3コア.png

達人では、上級者向けの難しいエサしか販売しない、というのは誤解です。

 

そもそも「上級者向けのエサ=難しいエサ」 ではありません。「ヘラブナ釣りは難しいもの」と申し上げたいだけです。

 

ビギナーでも扱いやすいエサは、達人のラインナップにもあります。そしてそれは、えてして上級者にも使い易いものになってしまうものですが、

「どれで結んで、どれで開くのか」

それがわかりにくいエサでは、本当の面白さを追求できない、と達人では考えているということなのです。

 

セット釣り全盛で、ダンゴを打つアングラーが減っているという時代背景があることは理解出来ますが、結ばないエサ(芯の大小問わず、食わせることを目的としないエサ=バラケ)だけでは麩をマスターしたとは言えないのです。 

どれで結んで

どれで開くのか

それがわかりにくいエサでは

本当の面白さを追求できません

ビーテック

逆転の新発想次世代形状記憶バラB-tech

  • 押し潰されたB-tec麩が、時間の経過とともに元の姿に戻る(形状記憶)

  • 周囲の他の粉材成分(ダンゴ、バラケの構成物質)を押し退け、スペース(「す」)が出来る

  • B-tech麩が動くことで他の粉材成分も動くため、他の粉材成分どうしの結合も弱まる

  • 「す」が入ったために、エサ全体として体積は膨張する

  • だから、ネバリの暴走を抑え、トータルで経時変化の少ないエサに仕上がる

 
1.png

達人では、この道を究めんとする上級者のみならず、「解そのもの」ではなく「解き方」を学びたいビギナーも歓迎します。将来を見据え、一見遠回りに見える道を選ぶ勇気を讃えます。

 

なぜそのブレンドなのか。そのエサはどういうエサで、どの機能をどう活かすのか。ビギナーにはゼロから丁寧にお答えします。

 

説明に困るエサは、達人では販売しません。誰でも簡単にそこそこ釣れるエサは積極的に販売しないかわりに、考え方を簡単にするエサを販売させていただきます。

​達人のヘラエサは、ユーザーの邪魔をしません。思考(試行)のパートナーとして、ユーザーの意のまま柔軟に追従します。壊れてしまうことに怯える心配は要りません。

 

ユーザーのコントロールが効くエサ、エサに支配させない方法論を提供することが、達人の使命です。

 

​しかしながら、ヘラブナの活性が高ければ真逆のエサでも釣れる可能性があり、エサというものは、セッティングや振り込み、リズムも含めたトータルバランスの中の一部でしかない、という事実も達人はきちんと認めます。 

解そのものではなく

解き方を学びたい方には

ゼロから​丁寧にお答えします

エサに支配される時代

ブレンドに振り回される時代は

終わるのです

エヌチューン

ネバリ調N-tuned

A→立ち上がり初期から激しくネバリを発揮し、やがて役目を終える要素

B→時間の経過と共にゆるやかにネバリを増していく要素

C→かなり時間が経ってからネバリを発揮する要素

​これらの組み合わせにより、合計値で一定のネバリ度キープを目指すのがN-tuned。経時変化に挑む達人の、B-techとは違うもう一つのアプローチ。

 
IMG_8351.png

達人ではむやみに流行を追わず

既存製品どうしを混ぜれば作れる

中間的なエサは販売しません

 

廃版商品を出したくないからです

達人のラインナップには、特徴の際立ったエサが多く、多品種ブレンドになりがちな印象を与えるかもしれません。

 

近年の業界が目指してきた「単品でOK」な時代と逆行するように見えることは、懐古趣味と括られそうですし、ともすると消費者に沢山買わせる戦略なのかとお叱りを受けそうですが、そうでは無いのです。

 

末永く愛用していただくためには廃版商品を出したくありませんから、流行に合わせて配合済みの新製品発売には慎重になります。定番が無くなることほど、自分の釣りを確立したアングラーにとって辛いことはありません。

​単品OKな筈のエサを、結局は何品もブレンドしている現実に、疑問を感じていた方も多いと思います。どうせブレンドするなら、意味のあるわかりやすいシンプルなブレンドにシフトしましせんか。シンプルとは思考のことであり、品数の多少では無い筈ですから、勇気ある原点回帰と評価していただけたら幸いです。

 

達人ヘラエサ

ザ・ピュア
ピュア・アルファ
ザ・コア
コア・ライト
粉材入ナンジャ.png
モア
チャンピオン
バラマックス
オペレーション
ニュート
セッター
サンド
コア・ペレ
ペレシュート
ペレシュート・細
ペレシュート・グリーン
底ダンゴ
底ダンゴ・タフ
グルテンマッシュ・粗
グルテンマッシュ・細
グルテンマッシュ・ゼータ
グルテンマッシュ・スイート
グルテンマッシュ・ゼータエス
グルテン・ガム
オフセット・オカユ
オフセット・ウドン
オフセット・ウドン2
オフセット・ティーピー
パワーボール
キューブ
アクセル
ピュアマッシュ・細
ピュアマッシュ・粗
昆麩
オフセット・昆布

商標「CORE」は、株式会社シマノの登録商標です。

 

エムピーエスエス

Mashed Potato Selection SystemMPSS

 広報戦略上、麩加工技術のメインエンジンを前面に出す達人だが、グルテン入りマッシュポテトエサ(以下マッシュ系)にも当然の拘りを持つ。ユーザーの多くが知らない、マッシュ系エサ製造における最大の難しさは、実はマッシュポテトの選定にある。組み合わせる活性グルテンの調律も勿論難しいが、どのメーカーも頭を悩ませるのがマッシュポテトの選定なのだ。

考えてみて欲しい。麩も天然由来のグルテンを焼成したものだが、抽出したグルテンにバラツキはさほどない。

 

焼成段階で温度や湿度、作業時間の調整等における技術は求められるものの、原料が一定している麩に比べ、マッシュポテトは脱水乾燥しただけの天然素材そのままだ。当然、同じ産地の同じ銘柄であっても、年によって出来が違うのはお解りいただけるだろう。常に同じ開きとエサ持ちをキープするためには、極端なことを言えば前年と違う産地のマッシュポテトを採用することも辞さない。が、そこまで拘りの無い製品なら、

「あれ?昨年のとはなんか違うな?」

ということが起こりうる。

​​その日その時間帯の経時変化どころではなく、年次変化。

新ベラ放流時期にしか触らないアングラーにはバレずとも、通年触る野釣り師、ダム師にはバレているのだ。

「マッシュ系エサはそんなもの」…?

達人は妥協を許さない。

熟練職人が長年にわたって記録して来た膨大なデータを解析、独自の原料選別理論を体系化(MPSS)。振れ幅の極めて少ないマッシュ系エサをお届けする。

二次加工用製品画像

ページトップへ